熊本尚美のリオデジャネイロショーロ事情

chorona.exblog.jp ブログトップ

カテゴリ:ブラストライブ( 6 )

ブラストライブ第10号映像

諸事情が重なって更新が遅れていますが、管楽器雑誌「ブラストライブ」は次々と発刊されています。HP内の更新は少し時間がかかりそうなので、参考映像をとりあえずこちらに載せようと思います。3号分一気に掲載しちゃいます。

まず、今月発売されたばかりの第10号の掲載曲は、ガロートの「Amoroso」。Marcilio Lopesのアレンジです。EPMのBandãoによる演奏の映像です。


a0094560_511494.jpg



[PR]
by chorona | 2008-12-31 05:12 | ブラストライブ

ブラストライブ第9号映像

第9号掲載曲はMauricio Carrilhoの名曲「São Jorge Guerreiro」、アレンジもご本人のものです。こちらはEPMのBandãoの映像と、この曲のリズム「サンバ・ルンドゥー」の叩き方サンプルの二つの映像があります。


a0094560_5837100.jpg





[PR]
by chorona | 2008-12-31 05:09 | ブラストライブ

ブラストライブ第8号映像

第8号掲載曲は、Antonio Carlos Jobim/Vinícius de Moraesの「オルフェのフレーヴォ」です。この曲は映画「黒いオルフェ」の冒頭部分で使われています。ブラストライブ用アレンジはPaulo Aragão。楽曲の参考映像はありませんが、フレーヴォのリズムの叩き方のサンプルを、EPMの上級生徒達にやってもらいました。

a0094560_4583792.jpg



[PR]
by chorona | 2008-12-31 05:05 | ブラストライブ

ブラストライブ vol.7

ショーロの連載をしている管楽器専門雑誌「ブラストライブ」の新刊第7号が発売されました。今回の掲載曲は、ピシンギーニャの「O gato e o Canário」(猫とカナリア)。私のHPに、例によって参考映像をアップしました。いつもは、掲載楽譜のアレンジに出来るだけ近い演奏の映像を掲載するように心がけているのですが、今回はちょっと趣向をかえて、全く違う演奏スタイル(regional形式)を掲載しました。(正直言うと、似た編成の映像がなかっただけなんですけれど・・・)掲載アレンジの参考になる音源については、誌内でCDを紹介しましたので、そちらの方もご覧下さい。
a0094560_4321817.jpg

ブラジルはただいま大連休中。いや、ブラジルでなく、リオデジャネイロのみですね。水曜日23日はピシンギーニャのお誕生日で「ショーロの日」。(この日も祭日ですが、それはショーロの日だからではなく、São Jorgeの日だからです)残念ながらショーロの発祥地リオでは、何の催しもありませんが、私はクリチーバ(パラナ州)という街へ演奏しに行ってきます。「24時間ショーロ」というイベントがあるのです。23日丸一日、リオから私、Rogerio Souza, Ronaldo do bandolim, Celsinho Silva+クリチーバのミュージシャンでショーロを演奏してきま〜す。
[PR]
by chorona | 2008-04-21 23:57 | ブラストライブ

ブラストライブvol.6

諸事情により前号の映像のアップに時間が掛かってしまったため、既に最新号の発売の時期になってしまいました。今回はタイミング良く映像をアップすることが出来ました。どうぞご覧下さいませ。

http://www.choro-flauta.com/partituras/brasstribe.html

a0094560_22333236.jpg

[PR]
by chorona | 2007-12-16 22:34 | ブラストライブ

ブラストライブvol.5

私がショーロの楽譜を連載している雑誌の新刊が発売されました。いつものように、私のHPへ参考映像をアップしました。今回は2つの違った映像があります。曲目はハダメス・ジニャタリの「ヘメシェンド」。どうぞご覧下さい。
http://www.choro-flauta.com/partituras/brasstribe.html


a0094560_194912.jpg

[PR]
by chorona | 2007-12-03 00:55 | ブラストライブ
line

フルーティスト熊本尚美がリオからお届けする最新ショーロ情報


by chorona
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite