熊本尚美のリオデジャネイロショーロ事情

chorona.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ブラストライブ vol.7

ショーロの連載をしている管楽器専門雑誌「ブラストライブ」の新刊第7号が発売されました。今回の掲載曲は、ピシンギーニャの「O gato e o Canário」(猫とカナリア)。私のHPに、例によって参考映像をアップしました。いつもは、掲載楽譜のアレンジに出来るだけ近い演奏の映像を掲載するように心がけているのですが、今回はちょっと趣向をかえて、全く違う演奏スタイル(regional形式)を掲載しました。(正直言うと、似た編成の映像がなかっただけなんですけれど・・・)掲載アレンジの参考になる音源については、誌内でCDを紹介しましたので、そちらの方もご覧下さい。
a0094560_4321817.jpg

ブラジルはただいま大連休中。いや、ブラジルでなく、リオデジャネイロのみですね。水曜日23日はピシンギーニャのお誕生日で「ショーロの日」。(この日も祭日ですが、それはショーロの日だからではなく、São Jorgeの日だからです)残念ながらショーロの発祥地リオでは、何の催しもありませんが、私はクリチーバ(パラナ州)という街へ演奏しに行ってきます。「24時間ショーロ」というイベントがあるのです。23日丸一日、リオから私、Rogerio Souza, Ronaldo do bandolim, Celsinho Silva+クリチーバのミュージシャンでショーロを演奏してきま〜す。
[PR]
by chorona | 2008-04-21 23:57 | ブラストライブ

トラブル続出・・・

一ヶ月近くもインターネットのない生活を強いられてしまいました。
また、まったく同時期に(もちろん偶然)、choro-flauta.com宛のメールも届かなくなってしまい、普段ネット内でやりとりをしていた方々には大変ご迷惑をおかけいたしました。
私のHPもネット上から姿が消えてしまっていましたが、お陰様でここ数日ですべて解決され、通常に戻りました。メールもちゃん届きますので、もしこの期間中に「送っても戻ってきてしまう〜」などという経験をお持ちの方は、恐れ入りますが再度送信下さい。

我が家からインターネットがなくなったのは、それはもう一口では語れないトラブルで・・・。ブラジルという国が持つ根本的な欠点があからさまになってしまいました。日本ではこれはまず起こらないでしょう。
挙げ句の果てに、3月分の支払いを2度も徴収されてしまい(もちろん向こうのミスです)、問い合わせても何の解決法も提示してくれず、放ったらかしにされてしまいました。電話し、メールを送り、手紙も送り、それでもらちがあかないので、来週友達に手伝ってもらって、簡易裁判所へ行くつもりです。

今はまだこのトラブルに関して頭が沸騰している状態ですが、それが治まって笑い話として書けるときが来たら、日本のみなさんに報告することにしましょう。
[PR]
by chorona | 2008-04-16 04:10
line

フルーティスト熊本尚美がリオからお届けする最新ショーロ情報


by chorona
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite