熊本尚美のリオデジャネイロショーロ事情

chorona.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

EPM

3週間の冬休みもそろそろ終わり。今週の土曜日から、EPMの後期授業が始まります。
正午に始まるBandão(全員合奏)については時々ここでもふれておりますが、今日は午前中の授業をご紹介しましょう。

午前中に9時〜、10時〜、11時〜と3コマの授業枠があります。フルート、バンドリン、クラリネット、サックス、ギター、カヴァキーニョ、パンデイロ、パーカッションといった楽器の授業に加え、ハーモニーや譜読みの理論系の授業もあり、生徒達は必ず楽器の授業を一コマと、理論の授業を一コマ受講します。暇なもう一コマは、ホーダ・ヂ・ショーロへ参加。ホーダは9時から正午まで休みなく続きます。たまに私はクラスごとホーダへ連れて行って、「やだやだ」とだだをこねる生徒達に無理矢理吹かせる事もあり。

私は3コマともフルートの授業、レベル別に分かれた3クラスを担当しています。もう一人フルートの先生がいるので、合計6クラス(各クラス約10人)あることになります。フルートの授業とはいえグループレッスンなので、各人のテクニックに注意を払うことは不可能。授業はフルートが吹けることを前提に「ショーロのレパートリーを増やす」ことを目標としています。

9時からは中級下、初心者ではないけれどまだ演奏するのに四苦八苦している感じのクラス。10時のクラスは中級上、すごく速い曲を吹くにはテクニックがおぼつかないけれど、頑張ればどんなショーロだって吹けるかな。下の写真がそのクラス。
a0094560_2352920.jpg


そして11時からはEPMフルート科最上級クラス(写真下)。プロになろうとして頑張っている生徒達。レベルはかなり高く、みんな自分でやるべき事をみつけて出来る人達なので、このクラスの授業はフルートの授業というよりは、毎週テーマを決めて、それについて意見を出し合ったり、楽譜に書いてみたり、音を出していろんなことを試してみたり、というような研究室っぽい授業をやっています。
a0094560_325214.jpg


実はこれらの写真、昨日アメリカから届きました。送ってくれたのは、2ヶ月間リオにショーロを学びに来ていたMaggie。非常に頭の良い、フルートのとっても上手い感じの良い子で、EPMの授業の他に私の個人レッスンも毎週受けに来て、短い期間中にかなり沢山のことを学んで行きました。ミシガン大学大学院でクラシック音楽を勉強中の彼女、昨日のメールには「また元の鞘に戻ってクラシックを勉強しないといけないんだけど、私が吹きたいのはショーロだけよ!」なんて書いてありました。わかるわかる、その気持ち!彼女はまたきっと近いうちにリオに戻ってくることでしょう。

a0094560_3335620.jpg

[PR]
by chorona | 2008-07-30 03:47 | EPM(ショーロ学校)

訃報 - Zezé Gonzaga

昨日起きてメールチェックをして最初に飛び込んだのが、この悲しいニュースでした。
一昨日の夜中、Zezé Gonzagaが82歳を目前にお亡くなりになったそうです。
1940~50年代にラヂオで大活躍した往年の歌手、最後までしっとりとした歌を聴かせてくれました。彼女が残した沢山のレコーディングはブラジルの、そして我々の宝物として、これからも聴き継がれていくことでしょう。

a0094560_410032.jpg

(2006年Centro Cultural Cariocaにて)

私が彼女に知り合ったのは初めてリオに来た2001年、当時ラパにあったショーロの学校でピシンギーニャの「Ingênuo」を吹いていたら、たまたま遊びに来ていたゼゼが音を追いかけて私のいた場所まで来られ、「私のお母さんもフルートを吹いていたのよ。貴女の音がお母さんの音にそっくりで・・・」と涙を流し始めました。まだブラジルのこともショーロのことも何も知らず、見よう見まねで吹いていた頃でしたが、その日の出来事はとても心に残るもので、私の大切な思い出のひとつです。その後もその話を時折語っていたそうです。

a0094560_415531.jpg

(2001年6月9日ラパにて、私、Zezé, Cristina Buarque)
[PR]
by chorona | 2008-07-26 04:24

EPM2008年度前期終了

先週の土曜日でEscola Portatil de Musicaの前期が終了しました。
この日はレッスンはなく、生徒達の発表会。正午には恒例Bandãoの成果発表。たくさんギャラリーも集まりました。中には、在リオ日本総領事館の石井領事の姿も。
アルバムを作ってみましたので、ご覧下さいませ。

http://picasaweb.google.com/naomikumamoto/BandOFotGrafaMarciaGarciaVillar

今週の土曜日は後期の生徒のオーディション。そして2週間の休暇の後、8月第一土曜日から後期の授業が始まります。
[PR]
by chorona | 2008-07-09 11:16

皇太子徳仁親王殿下に捧げるショーロの夕べ

a0094560_5435051.jpg

気がついたらもう一週間も経ってしまいましたが、先週の火曜日、「皇太子徳仁親王殿下に捧げるショーロの夕べ」が無事に執り行われました。
場所は、在リオ日本総領事公邸サロン。きれいな響きの良いサロンに私、Mauricio Carrilho, Luciana Rabello, Pedro Amorimというメンバーで、移民百周年にちなみ100年前ごろに演奏されていたであろうと想像される曲を6曲と、メンバーで共同作曲した「皇太子殿下に捧げるショーロ」の計7曲を演奏しました。
これは実は公式行事ではなく、全くのクローズでまさしく殿下に捧げるための演奏会でした。客席にはほんの20人ほど、殿下は私たちの真ん前にお座りになり、私はかなり緊張してましたが、なんとか最後まで持ちこたえることが出来ました。
領事館に私が喋らなくても良いように配慮して欲しい、とお願いしたのですが聞いてもらえず、喋らなきゃいけない羽目に。
最初のご挨拶は失礼がないようにと紙に書きました。(いつも行き当たりばったりな私、こんな事したのは初めてです)が、その先も作曲者の紹介や、楽器の紹介などしなければいけなかったので、結局は殿下に向けてショーロについて語りながら進行しました。
殿下にはとても気に入っていただけたようで、我々も良い雰囲気に囲まれて演奏することが出来ました。
殿下がヴィオラを演奏されることは知っていたので、私たちの作ったショーロの楽譜をヴィオラ用にハ音記号に書き換えて印刷しプレゼント。ほんとは直接プレゼントを渡す行為は禁止なんだそうですが、殿下は嬉しそうに受け取ってくださり、封筒を開けて楽譜を取り出してご覧になりました。この瞬間が一番嬉しかったです。

しかし、私の気疲れは相当なものだったようで、終わってからはメンバーと我が家の近所にある行きつけのバーAdega do Jucaに行き、別の現場で仕事をしていたPaulo Aragao達とも合流し、いつもの場所でいつもの仲間達と会ってどんなにホッとしたことか。「リラックスしたいの。今日は飲むぞー!」と豪語しその通り飲みフラフラで帰宅。

興味のある方用に演奏曲目リストをあげておきます。
我々を除くすべての作曲家が19世紀後半に生まれています。

1.Hilda (Mario Álvares de Conceição)
2.Floraux (Ernesto Nazareth)
3.Sonhando (Chiquinha Gonzaga)
4.Santinha (Anacleto de Medeiros)
5.Zinha (Patápio Silva)
6.Um Choro para o Príncipe Naruhito (Pedro Amorim, Naomi Kumamoto, Maurício Carrilho)
7.Língua de Preto (Honorino Lopes)
[PR]
by chorona | 2008-07-02 01:55
line

フルーティスト熊本尚美がリオからお届けする最新ショーロ情報


by chorona
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite