熊本尚美のリオデジャネイロショーロ事情

chorona.exblog.jp ブログトップ

<   2008年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

Prova(テスト)

ポルトガル語でテストのことをProvaと言います。
「2週間後にProvaをします。あなた達を伴奏するためにヘジョナウ(カヴァキーニョ、ギター、パンデイロ等)を用意しますので、全員暗譜してソロをすること。」と2週間前の授業で通達したら、「えー!?そんなん出来ひん!」とか「一人で暗譜でなんて無理や〜!」とか、「Naomiは日本人やけど、ブラジルにいるんやからもっと気楽な授業にしてよ〜」とか(これには笑った)、まあ生徒は口々に文句を言いました。

一時間目のクラスは「Doce de Coco」、そして二時間目のクラスは「Entre Amigos」。どちらもちょっと背伸びをしたレベルの選曲。

こんな事をしたのは実は初めて。ちっとも上手くならない生徒達にカツを入れるために取った手段です。

ひとりずつ前に出てヘジョナウと一緒に演奏、みんな間違いながらもちゃんと最後まで演奏してくれ、おかげで私は大満足。生徒達もとっても満足そうでした。終わってから「次の課題はどの曲?」なんて珍しく聞いてきたり。満足感を味わうって事は次への刺激になってとっても効果的、という私の願いがズバリはまったようです。

でも、今年はもうこれで覚えるのは終わり。ご褒美に今年初めての楽譜をみんなにプレゼントしました。それはショーロをフルートカルテットにアレンジしたもの。「来週からこの楽譜を使って年度末の生徒発表会の練習に入ります」と言ったらもうみんな大はしゃぎ。

どうやったらみんなもっと興味を持ち、練習をし、上手くなってくれるんだろう?と、教えることにこんなに頭を使ったのは生まれて初めてで、そのひとつの方法として、今年は楽譜を使わず、一曲に時間をかけて口伝で教えていきました。ついてくるのに四苦八苦な生徒もいましたが、最終的にはかなりの成果が上がったのが確認できて、先生は大満足です。

でも実は、アンサンブル(フルートカルテット)が始まるのが恐い〜。彼らを統率して共同で一曲を仕上げるなんてことを考えただけで途方に暮れてしまいます。
[PR]
by chorona | 2008-09-23 03:08 | EPM(ショーロ学校)

5年目に突入です

9月9日、リオに住みだして丸4年になりました。昨日はそのお祝いで盛大なパーティ。18時集合、沢山の友達がやって来てくれて、午前1時頃まで飲んで騒いで楽しかった。
どれだけ飲んだのかは全く記憶にないのだけれど、調子よく帰宅して寝たのは覚えている。が、今朝むちゃくちゃ気分が悪くて目が覚め、夕方までその調子が続きくたばってました。やっと夜になって雑炊を作ってからっぽだった胃を満たし、ちょっと復活。しかし、ビールだけでこんな二日酔いは生まれて初めて。

先週のラヂオの番組では、実はピアニストデビューをしちゃいました。でも、別に「念願」だったわけでもなく、ハダメス特集やるのにピアノなしで90分番組一本をやるのはきつかったので、重い腰を持ち上げただけ。子供の頃はピアノがメインで、フルートはセカンド楽器だったんだけれど、大学にフルートで入学して以来逆転しフルーティストになったので、この年になってまたピアノが弾けるとは思ってませんでした。もう随分長い間ちゃんと練習してないから、技術的にはかなり衰えてしまって思うようはに弾けないのが歯がゆいのですが、「ショーロはポピュラー音楽だから自分なり演奏方法を見つければいいのよ」なんて自分に言い聞かせたり。だけど弾いた曲はハダメスの書き譜だったから、やっぱりテクニックは必要だと実感したり。

周りの友達は「ピアノも弾け弾け!」と応援してくれてます。でも番組終了後、「やるんだったらまた一から音階練習せなあかんなあ。でも今からテクニックを磨く事ってできんのかなあ?」と自宅でピアノとにらめっこしています。もうちょっと考えよっと。

5年目のリオ生活、こんな感じでスタートしました。
[PR]
by chorona | 2008-09-12 10:04

Rádio Nacional - Radamés Gnattali

今週の番組放送日はRadio Nacionalの誕生日。ラヂオ局から「ハダメス特集を組んで欲しい」と頼まれました。ハダメスは演奏家としてアレンジャーとして、このラヂオ局にゆかりのある音楽家の一人です。そして私たちが演奏している場所は、まさに彼が仕事をしていたところ。ハダメスが弾いていたピアノが今でも置いてあります。

ところが、この日はマウリシオが別の仕事で来れないらしく、ちょっとあわてた私は早急にクラリネットのペドロと相談し、曲を選び、楽譜を制作し・・・、やっと今日すべての楽譜が揃いました。

というのも、ハダメスの曲はそう簡単にすぐできるもんじゃない。だいたいショーロの編成で出来る曲なんてほとんどない。みんな楽譜がなくても出来るのは、Remexendoくらいでしょう。しかも一週間前に言うんだもん。もうちょっと時間があったらゆっくり準備できるのに・・・。

無事にこの番組が終了することを祈るばかりです。
ぜひ、お聴き下さいね。番組中に私からのサプライズもある予定です。

<インターネットでの聴き方>
http://www.radiobras.gov.br/estatico/radio_nacional_rj.htm
そして、AO VIVOをクリック!
放送日:毎土曜日午前5時〜6時半(日本時間)
再放送:毎月曜日午前8時〜9時半(日本時間)

練習しなくっちゃ。
[PR]
by chorona | 2008-09-04 11:11 | Radio Nacional

O que é que a Baía tem?

「O que é que a baiana tem?」という、先日お亡くなりになったDorival Caymmiの有名な歌がありますが、それをもじってタイトルを付けたイベントが、先月から毎月最終日曜日に行われています。
内容は日曜日の朝リオ10:30発のパケタ島行きの船でショーロを演奏するというもの。パケタ島までは1時間あまり、ちょうど4〜50分のステージをやるのにいい時間です。そしてパケタ島ではレストランで昼食を取りながらホーダヂショーロ、17:30の便でリオへ戻ります。

あいにく昨日はお天気が悪く、家を出るときは前日からの雨が降り続いてました。船内での演奏はその場で曲を選んでいくというかなり行き当たりばったりなやり方。私とペドロ・アモリン(リーダー、パケタ島在住)にマウリシオ、というベテラン組に3人の若手。こんな乱暴なやり方に若手はちょっと戸惑ってましたが、私たち3人は大いに楽しみました。

そしてパケタ島でのホーダ。雨の影響もあって参加者は少なかったのですが、パケタ島に着いてからは雨もやみ、ペドロと二人であれやこれやとかなりの曲数をやりました。そのテーブルに座っていた時間は約5時間!私は一度トイレに立った以外は木の椅子に座りっぱなし・吹きっぱなし、今日はおしりがちょっと痛い・・・。

贅沢な日曜日を過ごさせてもらいました。
こうやって一日ゆ〜ったりと過ごすのは、ホントに素晴らしい時間の使い方だと思います。でも、日本ではちょっと難しいかもしれませんね。

今日は朝から「なにやってんねん?僕らここスタジオで君が来るのを待ってんねんぞ。手帳にスケジュール書き忘れたんか?」という乱暴な電話で一日が、一週間が始まりました。(私が忘れたのではなく、彼らが勝手に明日やるはずのレコーディングを今日やりたくなっただけなんだけれど)けど、昨日のリフレッシュのお陰か、腹も立たずに機嫌良くスタジオへ。ちょこちょこっとレコーディングしてきました。

今週はコンピュータに向かっての楽譜作成週間です。あ〜あ・・・。
我が家にあるキーボードを私のMacに繋いで、楽譜をちゃちゃっと演奏しながら書けるようにしたいんだけど、どうやっていいかわかりません。どなたか詳しい方がいらしたら、助けてくださ〜い。(一個一個音符入力するのは時間がかかって仕方がない・・)
[PR]
by chorona | 2008-09-02 11:45
line

フルーティスト熊本尚美がリオからお届けする最新ショーロ情報


by chorona
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite