熊本尚美のリオデジャネイロショーロ事情

chorona.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

V Festival Nacional de Choro

しばらくお休みしていたショーロフェスティバル、日本にも首を長くして待っていた方が何人かいらっしゃいましたが、今年の10月〜11月、今回は少し違った形で行われる事になりました。

私が所属する Escola Portátil de Música(ショーロの学校) と Acari Rercords(ショーロ専門レコード会社)は今年10周年を迎えました。その記念ともなる今年のフェスティバルは、我々が4つのグループに分かれてブラジル北部、東北部、南西部、南部と各地へ出向き、コンサートとオフィシーナ(ワークショップ)を行う形を取ることになりました。学校の名前の通り、正真正銘の「Portátil(ポータブル)」になり、リオでは最後に全員が揃ってコンサートが行われます。

私の担当は南西部。まずはミナスのJuiz de Foraでコンサート、そしてBelo Horizonteへ移動してコンサートと4日間のオフィシーナ、その後はVitória(Espírito Santo) 、PIracicaba(São Paulo), 最終地はサンパウロ市、16日間のツアーです。

ほとんど同時にすべて学校の講師陣で構成された4つのグループが各地へ出かけますが、リオの学校もちゃんと機能するよう、パズルのようにスケジュールを組んだとルシアーナが言ってました。ほんと、大変だったろうと察します。

このフェスティバルはAcari Recordsの10周年を記念するものでもあり、ブラジル全土のショーロを収録したChoro Carioca-Música do Brasil(CD9枚組ボックス)を各地で紹介するためでもあるのです。もともとはその企画がPetrobrásの助成金獲得に成功、それを知った文化庁の機関Funarteがオフィシーナも同時にやったらどうか、と言う事でお金を出してくれたそうです。このプロジェクトの規模の大きさに、またそれを実現するところまで持って行ったコーディネーター達(Luciana, Mauricio, Pedro Aragão, César Carrilho)のエネルギーに感動しました。

今年前期はまったく動きがなかった我々のショーロ界ですが、後期はこのフェスティバルの他にも、いろいろと楽しい事が起こりそうですよ。またこちらでお知らせしていこうと思います。
[PR]
by chorona | 2010-07-31 23:06

7月28日ーペルーの日

昨日、7月28日はペルーの独立記念日でした。友人のペルー人ギタリスト:セルジオに誘われて、家の近所にあるペルーレストランでもう一人のペルー人女性歌手と3人で演奏してきました。セルジオとは去年一度デュオでコンサートをした事があったのでレパートリーは少しあったのですが、歌手がどんな歌を歌うのか、というよりはペルーの歌がどんな歌なのかすらも知らずに行ったのでドキドキでしたが、なんとか上手くいってホッとしました。ひとつ太刀打ちできなかったリズム「Festejo」を除いては・・・。

お客さんはほとんどペルー人、ミュージシャンも私以外はペルー人。当然スペイン語が飛び交います。ポルトガル語とよく似ているので、わかることもあるんだけれど、やっぱり全く分からない事もあるので、時々外国にいるような感覚に陥ってました。(笑)

ペルー人は独立記念日を祝うんですね〜。お店のオーナーご夫妻は別の祝賀パーティに出席のため不在。歌も、「私のペルー」とか「私はペルーの恋人」だとか、愛国歌がたくさん。「これはブラジルでは考えられないね〜」とはブラジル人であるギタリストの奥さん。「日本もこんな感じ?」って聞かれましたが・・・。複雑な歴史を持つ日本の事を外国人に説明するのは、ほんとうに難しいのです。

途中、美味しいペルー料理を頂いて、12時まで演奏して帰宅。遅い時間に演奏する事になれてないので、バタンキューでした。

さて、そのセルジオと一緒に作っているインターナショナルカルテット(フルート、クラリネット、バンドリン、ギター)、だいぶこなれてきました。なにせ、セルジオ以外のメンバーは、慣れないリズムに悪戦苦闘。それでも、リハを重ねて、デモ録音までたどり着きました。良い感じになってきたので、日本の皆さんにもいつか聞いて頂きたいです。当面の夢は南米ツアー。そして、ヨーロッパや日本へも・・・、なんていつか実現出来たらいいな。
[PR]
by chorona | 2010-07-30 01:22

NHK

我が家にNHKがやって来ました。今までずっと写りの悪い、チャンネル数の少ない地上波で我慢してたのですが、思い切ってケーブルテレビを導入したんです。Oi(NTTみたいなものかな?)という電話会社で、固定電話、携帯電話、インターネットと契約してたのですが料金が高かったので、NETというケーブルテレビ会社に固定電話とインターネットを移動、よくサイト内を見てみると割引がいっぱい、テレビもプラスしてもまだOiの料金よりも安くなるという事が判明。海外で見れる唯一の日本チャンネル:NHKは別料金ですが、この際と思って契約しました。

そして携帯電話も高いので、一番安いプランに変えたいと電話をしてみたところ、同じプランで10ヶ月間半額にするというサービスをしてくれました。こんなことはどこにも書かれていません。「電話をしたもののみがゲットできる」という噂はほんとでした。携帯のインターネットも申し込みました。2ヶ月間無料です。ええんかな??

ブラジルも電話番号を変えずに会社を変えられるようになったおかげで、市場競争がより盛んになり、今まで最悪だった電話の応対も良くなり、スムーズに会社の乗り換えが出来ました。実はこの電話対応、今まですごくひどくて、外国人にとって一番の難関だったのです。ちょっとこの国の暮らしが少し楽に感じられた今日この頃です。

日本語は普段読んだり書いたりはしますが、聞いたり話したりする事はほとんどありません。でも、「日本語を聞く」のは頭を休めるのに一番効果的です。ボーッとしてても入ってきますからね。しばらくテレビ三昧の生活をしそうです。他にも、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、ポルトガルのポルトガル語などの放送もあって、とっても楽しいです。(これらの言葉はほとんどわかりませんが・・・)
[PR]
by chorona | 2010-07-22 08:12

Paulo Moura

a0094560_22514830.jpg

クラリネット奏者のパウロ・モウラが、77歳でお亡くなりになったそうです。この間まで元気で演奏活動をされていたので、急な知らせにビックリしました。そう言えば、リオでは彼の演奏を生で聴く機会はなかったのですが、日本で一度聞いた事があります。ジョイスと一緒に2000年7月に来日した時です。マウリシオも一緒に来てましたね。彼のギターを初めて聞いた日でもありました。透明のクラリネットでNaquele Tempoを吹いたのを今でも覚えています。

本日、カルロス・ゴメス劇場で告別式が行われるそうです。
ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by chorona | 2010-07-14 23:02

ワールドカップ終了!

昨日は、[Taberna da Glória]というレストランに友達が大勢集まって、決勝戦の観戦。のんびりと自宅から徒歩で行ったら試合開始時間にちょっと遅刻してしまい、「日本人が遅れて来てどうする〜!」とどなられながら着席。よっぽど気分の良い日曜日だったのですね。時間も気にせず、そのまま何故か夜の23時半までずーっと同じ椅子に座ってました。久しぶりに飲んだ飲んだ。今日の朝9時からのリハーサルには、まだ酔っぱらい状態で行く羽目に。。。こんな事になったのは久しぶりです。ちょっと辛かったな・・・。
a0094560_4342895.jpg

このテーブルの後ろにも、横にもまだまだ友達がいます。子供達も走り回っています。楽しい日曜日でした。
反対側の横に、オランダ人のテーブルがあって、負けた時はちょっとかわいそうでした。とにかく、ブラジル全体がスペインを応援してましたからね。
[PR]
by chorona | 2010-07-13 04:38

ワールドカップ、そして冬休み。

ブラジルが負けて、ここブラジルは実質的にはワールドカップ終了。アルゼンチンも負けて一安心。(←これは私には良く理解できないけれど・・・)浮き足立っていた国民も、敗戦翌日から静まりかえってます。みんな、騒ぎすぎて、飲み過ぎて疲れてるんでしょうね。

昨日はEPM(ショーロの学校)前期最終日。メイン講堂で歌とコーラスのクラスの成果発表会が行われているのと平行して、私のフルートクラスの合同発表会が行われました。

今回は全4クラス合同です。前もってギター、カヴァキーニョ、パンデイロの生徒に伴奏を頼んでおきました。先に始まった歌の発表を覗きに行ってみたら、なんとそのパンデイロの生徒が舞台で叩いているではありませんか!いっつもこうやってかぶるのです。だから前もって押さえていたのに、やっぱり・・・。そしてパンデイロ奏者はそんな事にも気がついてない様子。仕方がないので別の人に頼もうと探してみたけれど、見つからず。バッタリ通路で会ったCelsinhoに相談してみたら、「僕のお父さんに頼んでみたら?だぶんやってくれると思うよ」と言うので、5月に日本でも大活躍したベテラン、Jorginhoに頼んでみる事にしました。
a0094560_6374011.jpg

「僕に出来るかなあ?」なんてとぼけながらやってきた御大に、初心者から上級者まで、みんな伴奏してもらうことになって大喜び。ド緊張してしまった人もいたけれど、でもなんとか最後までみんな演奏しきりました。伴奏陣もJorginhoにぐいぐい引っ張ってもらって、きっと良い勉強になったことでしょう。
a0094560_639498.jpg


来週の土曜日は、前期に空いた空席を埋めるための新生徒のテストです。それが終わったら、3週間お休みだ〜。早起きしなくて良いからと〜っても嬉しいのです。
[PR]
by chorona | 2010-07-05 06:48
line

フルーティスト熊本尚美がリオからお届けする最新ショーロ情報


by chorona
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite