熊本尚美のリオデジャネイロショーロ事情

chorona.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

V Festival Nacional de Choro 詳細

a0094560_2223654.jpg



前にお知らせした次回のフェスティバルについて、詳細が発表されました。すでに受付も始まっているようです。締め切りは10月15日。ブラジリア、サンルイス、ベロ・オリゾンチ、ポルト・アレグリ、ベレンの5都市でほとんど同時期に行われます。

興味がおありの方は、Escola Portátil de Músicaのサイトでご確認下さい。ポルトガル語が分からない等質問があれば、メールで私までご遠慮なくお尋ね下さい。私のホームページのメールフォームからどうぞ!
[PR]
by chorona | 2010-09-18 02:17

ピシンギーニャ

ピシンギーニャのコンサートが、先週大盛況のうちに終わりました。チケット販売は当日のみ、でも開演2時間前には完売という異例の展開。
a0094560_22384826.jpg

自分で言うのも何ですが(笑)、演奏の内容も素晴らしい出来で、感動の嵐でした。約30人のオーケストラが一つになり、観客とも一体になって、終始大きなホールがまるで一つの輪になったような感覚でした。そこにいたすべての人々のピシンギーニャに対する熱い思いがそうさせたのでしょう。ピシンギーニャがいかに偉大な人だったかという事が、音楽を通じてひしひしと感じられました。私の人生の中でも、忘れる事の出来ないコンサートの一つとなりました。この場にいられた事に、もう一度深く心から感謝します。
a0094560_224182.jpg


そして、発売された製品がこれ。
a0094560_2242565.jpg

とても大切に、そして上質に作られています。ここにもピシンギーニャに対する愛情が感じられます。ご覧のように、スコアが一曲ずつ綴じられているので、読むにも演奏するにも、とても使いやすいと思います。36曲あります。日本にもいつか届くといいですね!

日本でぜひこのコンサートを実現したい!どなたか、賛同して下さる方いらっしゃいませんか??
[PR]
by chorona | 2010-09-13 22:50

Pixinguinha na Pauta

Brasileiro Saxofoneのコンサートは、今までで一番良かったんじゃないかと思われるくらい上出来でした。一年経って熟した感じです。打ち上げもコンサートと同じぐらい盛り上がりました!

そして翌日から私は連休を利用(9月7日は独立記念日)して友達とミナスへ旅行、携帯もインターネットも届かないところでの〜んびりと4日間を過ごして、さっき帰宅したところです。

さて、少し前にも触れた今週のコンサート、Pixinguinha na Pauta。
a0094560_6161279.jpg



Pixinguinhaが1950年前後にラヂオ放送用に書いたアレンジをInstituto Moreira Sallesが本にして出版する、その出版記念コンサートです。当時のアレンジから選りすぐりの16曲をこの日のために編成されたオーケストラで演奏します!シンプルでいてでも特別な響きがするPixinguinhaのアレンジ、またとないこの機会に恵まれた事に、本当に心から感謝しています。鳥肌モノです!ショーロが好きな方ならたぶんご存じの「Hilda(Teu Beijo)」のちょっと違ったアレンジをリハーサルで演奏していて、涙が出てきました。あり来たりな表現ですが、すごく暖かい、愛に満ちあふれた音がするのです。

いつかこれを日本で音に出来たらいいなあ、とぼんやりと考え始めています。ほんとに出来たらいいなあ〜〜。やりたいなあ〜。
[PR]
by chorona | 2010-09-08 06:24

Brasileiro Saxofone

一年ぶりのこのコンサートです。ワクワク!
そして来週もステキなコンサートがあります。詳細は後ほどお知らせします。
今朝そのコンサートのリハがありましたが、鳥肌モノです!
明日は午前中同じく来週の為のリハ、午後はこのBrasileiro Saxofoneのリハ。
木曜日まで、ショーロ漬けの日々が続きま〜す。(まあ、ずっと漬かってるようなもんやけど)
a0094560_11201744.jpg

[PR]
by chorona | 2010-09-01 11:26
line

フルーティスト熊本尚美がリオからお届けする最新ショーロ情報


by chorona
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite