熊本尚美のリオデジャネイロショーロ事情

chorona.exblog.jp ブログトップ

映像 - Pixinguinha na Pauta

Pixinguinha na Pautaコンサートの映像がアップされました。こんなのです。これをいつか日本で実現したいのです。是非ご覧になってください!曲目は「Conversa Fiada」、Pixinguinhaの未発表曲です。

当初はサンパウロとリオの2都市で行われるはずだったコンサート、ギリギリになってサンパウロ公演はキャンセル。というのも、スポンサーになっているのが銀行で、サンパウロへの移動手段がバスだったため、それはリスクが大きいから 信用が大切な銀行としては投資出来ない、ともうホールも押さえてしまってからのキャンセル。だったら飛行機代を、とお願いしてみたらしいけれど、そこまでは出せないと言われ、泣く泣く断念。ところが、リオ公演があまりの成功を収めたもので後悔したらしく、「是非これはサンパウロでも!」と、急遽11月23日にサンパウロ公演が決まりました。しかも飛行機移動! なにしろ30人体制のオーケストラですから、それだけ見てもその後悔の度合いがわかるでしょ?「サンパウロの奴らにリオの底力を見せつけてやろうぜ!」みたいなメールが、プロデューサーから回ってきました。(笑)ブラジルらしいお話しです。でも、もう一度このコンサートを出来ることが、私たちにとっては何よりの朗報です。


[PR]
# by chorona | 2010-10-10 08:49

Show Quarteto Criollo

a0094560_0443336.jpg


昨日のコンサート、無事終わりました。ホッ。
すべての体力と注意力を使い果たした感じです。終演後は放心状態でした。(笑)
でも、グループとしての演奏は上手くいったし、お客様もとっても興味深く聞いて下さいました。
たくさんのお友達が応援に来てくれたのも嬉しかったです。

ブラジルは南米大陸で唯一のポルトガル語圏、スペイン語圏諸国とは文化が全然違います。そのブラジルの音楽に惹かれて私はここにいるわけですが、そこから他の国々の音楽を見てみるのは、とても興味深いです。しかし、この大陸のリズムの多様さは驚愕的です。なんでこういう風に発達していったのか、不思議ですね。例えば、5拍子の曲でどうやって踊る?でも、ご当地の人々に聞くと「それが普通だから」とみんな口を揃えて言います。

もう一つ特筆したいのは、ペルー人ギタリストでリーダーのSergio Valdeos。彼のアレンジ、彼の作品、どれをとっても素晴らしい!そして彼のギターがしっかり支えてくれるから、私たちはなんとか崩れずに頑張れているようなもので・・・。彼は今、彼の先生と一緒にペルーギターについての本を執筆中。その他にも、スペイン語圏諸国の音楽をよく研究していて、彼のギターは感や技術だけでなく、その知識に裏付けされていることが良く感じ取れます。ペルーのMauricio Carrilhoとでも表現しましょうか・・・。

a0094560_0451545.jpg

仕事で聴きに来れなかった、リオで得た大親友のKellyとSilvana、打ち上げに駆けつけてくれてQ3(ブラストライブ提供)で録画した演奏を聴いているところ。(スピーカーが反対側に付いてるので、映像がこっち向いてるところが可笑しい!)

さて、次は再来週に始まるChoro Cariocaツアー&フェスティバルへ向けての準備です。
[PR]
# by chorona | 2010-10-09 00:48

Los Cuatro(Quarteto Criollo?)、 遂にデビュー!

a0094560_5163583.jpg


今年の初めから少しずつレパートリーを積み重ねてきたカルテット「Los Cuatro」が遂に今週木曜日に初コンサートを行います。日本人、ポルトガル人、ペルー人、ブラジル人で構成されたインターナショナルなカルテットが南米の国々の音楽を奏でます。と、文字で書くのはたやすいけれど、やるのはむちゃくちゃ難しい!ブラジルのショーロ、ペルーのワルツやポルカ、コロンビアからはバンブーコとパシーリョ、ヴェネズエラのメレンゲ等、それぞれリズムの違う曲。きっと楽しいコンサートになると思いますので、リオにおられる方は是非お越し下さいませ!
日時:2010年10月7日木曜日
会場:FINEP(Praia do Flamengo 200, andar-P)、入場無料
開演:18:30
メンバー:
Naomi Kumamoto, flauta e flauta em sol
Rui Alvim, clarinete e clarone
Pedro Aragão, bandolim
Sergio Valdeos, violão, arranjo e composição

a0094560_1252875.jpg

[PR]
# by chorona | 2010-10-05 05:17

V Festival Nacional de Choro 詳細

a0094560_2223654.jpg



前にお知らせした次回のフェスティバルについて、詳細が発表されました。すでに受付も始まっているようです。締め切りは10月15日。ブラジリア、サンルイス、ベロ・オリゾンチ、ポルト・アレグリ、ベレンの5都市でほとんど同時期に行われます。

興味がおありの方は、Escola Portátil de Músicaのサイトでご確認下さい。ポルトガル語が分からない等質問があれば、メールで私までご遠慮なくお尋ね下さい。私のホームページのメールフォームからどうぞ!
[PR]
# by chorona | 2010-09-18 02:17

ピシンギーニャ

ピシンギーニャのコンサートが、先週大盛況のうちに終わりました。チケット販売は当日のみ、でも開演2時間前には完売という異例の展開。
a0094560_22384826.jpg

自分で言うのも何ですが(笑)、演奏の内容も素晴らしい出来で、感動の嵐でした。約30人のオーケストラが一つになり、観客とも一体になって、終始大きなホールがまるで一つの輪になったような感覚でした。そこにいたすべての人々のピシンギーニャに対する熱い思いがそうさせたのでしょう。ピシンギーニャがいかに偉大な人だったかという事が、音楽を通じてひしひしと感じられました。私の人生の中でも、忘れる事の出来ないコンサートの一つとなりました。この場にいられた事に、もう一度深く心から感謝します。
a0094560_224182.jpg


そして、発売された製品がこれ。
a0094560_2242565.jpg

とても大切に、そして上質に作られています。ここにもピシンギーニャに対する愛情が感じられます。ご覧のように、スコアが一曲ずつ綴じられているので、読むにも演奏するにも、とても使いやすいと思います。36曲あります。日本にもいつか届くといいですね!

日本でぜひこのコンサートを実現したい!どなたか、賛同して下さる方いらっしゃいませんか??
[PR]
# by chorona | 2010-09-13 22:50
line

フルーティスト熊本尚美がリオからお届けする最新ショーロ情報


by chorona
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite