熊本尚美のリオデジャネイロショーロ事情

chorona.exblog.jp ブログトップ

2008年度末発表会

本年度の授業も終わり、先週土曜日は生徒達の成果発表会が行われました。来週の土曜日にBandão(全員合奏)の発表会で今年のEPMの活動は終わります。

私の持つ3つのフルートクラス、今年はフルート合奏です。
Flauta 1a(中級下)は「O Nó」というCandinho da Silvaの曲。マウリシオが弦楽カルテットのためにしたアレンジを、私がフルート合奏用に作り替えました。

a0094560_1275192.jpg


そしてFlauta 2a(中級上)は「1 x 0」に挑戦。これもアレンジはマウリシオの弦楽カルテットをもとに私がフルート用に変えたもの。

a0094560_129212.jpg

(写ってませんが右側にクラスの残り半分が居ます)

この2クラスは2ヶ月間この曲に専念しましたが、なかなか上手く行かず本番までドキドキでした。先生=私もはらはらしながら客席で見守るばかり。
a0094560_1395514.jpg


でも、本番は見違えるように両クラスとも上手く決まって良かった。どちらもレベル的に背伸びをした選曲だったので、きっと彼らはこれでかなり腕を上げたと思います。来年が楽しみです。

EPMで一番レベルの高いフルートクラスFlauta 3aは、生徒の一人がマウリシオの「Carrilho Assoviando」をフルート5重奏に、もう一人の生徒は「Penso em ti」というショーロを8重奏にアレンジ。このクラスはプロになろうとしている生徒がほとんどでかなりのレベルです。写真のようにあるとフルートやバスフルートなども使いました。

a0094560_1321634.jpg


トランペットの合奏や
a0094560_134916.jpg


その他、ギターデュオが数組、数人の歌手、コーラスまで、休憩無しで4時間近くにわたって繰り広げられました。

来年のEPMは、少し授業内容の模様替えをする予定です。
[PR]
by chorona | 2008-12-02 03:25 | EPM(ショーロ学校)
line

フルーティスト熊本尚美がリオからお届けする最新ショーロ情報


by chorona
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite